まんこ 黒ずみ プラセンタ

まんこの黒ずみにプラセンタ

プラセンタの効果を徹底検証

 

美容に詳しい方はプラセンタといえば美白と思うでしょう。
プラセンタは日本語で胎盤という意味です。

 

胎盤というの赤ちゃんが人間では10ヶ月半赤ちゃんがおなかの中で過ごす所赤ちゃんのベッドのようなところです。

 

これがなぜデリケートゾーンに効果があるかと言うと赤ちゃんが育つのに必要な成分が全部含まれているからなんですね。
つまり栄養が豊富だからです。

 

それでデリケートゾーンの黒ずみに効果があるとかないとか言われているんです。

 

プラセンタがまんこの黒ずみに効く仕組み

 

まんこへのプラセンタの黒ずみ効果と思わぬ副作用!

 

プラセンタ何がわかったところでプラセンタはどうして黒ずみに効果があるのか見ていきたいと思います。

 

まずプラセンタはデリケートゾーンの黒ずみの元凶である、メラニン色素の生産に関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑えてくれる効果がありこれが美白という効果として認定されています。

 

通常はこの成分だけがあれば十分なんですが、プラセンタの他に他の薬で代表されるような抗炎症作用と活性酸素を取り除く効果があってプラセンタを使うだけで黒ずみの部屋ができるというのが特徴です。

 

例えばトラネキサム酸という美白成分がありますが、これは美白を促す成分でしかし炎症を抑えてくれる効果は無くグリチルリチン酸などが合わせで使われます。

 

これに比べてプラセンタはひとつで三役黒ずみ解消と抗炎症作用と活性酸素の除去作用と3つの作用があるので黒ずみに効果的なのです。

 

プラセンタの作られ方

プラセンタは色々なものがあります。
人間の胎盤ももちろんプラセンタです。
そして豚のプラセンタそしていうのプラセンタもあります。
今使われているのは豚のプラセンタと馬のプラセンタです。
牛のプラセンタは狂牛病の関係で牛由来のものは使われなくなりました。

 

また寄生虫の可能性あるということで豚のプラセンタもあまり使われなくなりました。
今よく使われているのは馬油と同じ馬の胎盤です。

 

プラセンタのまんこへの副作用

プラセンタはデリケートゾーンを塗ることで何か良くないことはあるのでしょうか。
副作用はプラセンタの副作用はあまり報告されていません。
おともと口に入れて飲んでもいいような成分ですのでデリケートゾーンに塗ることも副作用の心配はあまりありません。

 

しかしプラセンタにはアミノ酸が含まれています。
アミノ酸が含まれているということはアレルギーを起こす可能性があるということです。
豚肉や馬肉にアレルギーがあるという方はデリケートゾーンに塗る場合でも注意が必要です。
パッチテストが必要ですね。

 

プラセンタが含まれている化粧水は
以下にプラセンタは含まれている化粧水を紹介します。

 

デリケートゾーン専用プラセンタ化粧水

しずく化粧水
フラコラホワイト

 

まんこ黒ずみ

 

他にデリケートゾーンに特化したもので言えばホワイトラグジュアリープレミアム
薬用アットベリー
ピューレパールなどが挙げられます。

 

それ以外に黒ずみの治し方には病院で受けるピーリングや手術などがありますが家庭で手軽にやれる対策としては一番美白クリームが効果的です。

 

石鹸というのは効果がありませんので注意してくださいね。
その場で洗い流してしまうので効果がないんです。

 

石鹸にお金をかけるくらいなら黒ずみ解消をの美白クリームを一つでも購入した方が得策です。

 

ここまで海には黒ずみに影響を与えるのかどんな原因でかゆみが起こるのかかゆみの治し方はどうなのか既に出来てしまった黒ずみはどうしたらいいのかこの4点について紹介してきました。
今日はこの辺で終わりにしたいと思います。